アスタキサンチン 効能効果

アスタキサンチンは鮭やイクラに含まれる赤い色素のことです。 アスタキサンチンの代表的な効能効果は強力な抗酸化力です。他にも目の機能や視力回復、美白美肌作用をはじめいろいろな効果効能がある成分として注目されています。

アスタキサンチンの効能効果が注目されています!

スポンサードリンク

アスタキサンチンにはいろいろな効果効能があります。抗炎症、ストレス抑制、動脈硬化や糖尿病といったメタボリック症候群の予防、発がんを抑制したり、目や肌の機能を高めて健康維持に役に立つなどの効果が見いだされています。注目されているアスタキサンチン効果効能についての情報をお届けします。

アスタキサンチン効果効能:視力回復

     

アスタキサンチンを摂取していると視力低下の原因となる眼精疲労が抑えられるといわれています。

視力が衰えるというのは、物を見たときに焦点が加齢とともに合わせにくくなることです。

物をはっきりと見るために焦点を合わせるのが目の水晶体ですが、この水晶体の厚みをコントロールして焦点を合わせるところが毛様体筋という筋肉です。この筋肉が衰えてくると調節機能が衰えピントが合わず、結果視力が落ちることになります。

手元をずっと見ながらの作業、たとえばパソコンを長時間使う、といったことをしていると毛様体筋の疲労が激しく眼精疲労を発症することはすでにわかっています。

この眼精疲労は普通の疲労と違い眠れば軽減するといった疲労ではなく、肩コリ頭痛を引き起こすやっかいな疲労です。眼精疲労が視力の低下をひきおこすことがあります。

アスタキサンチンは眼精疲労を抑えて、視力の低下を抑えることが期待される成分です。また、眼精疲労が回復し、毛様体筋が柔軟になれば目の調節機能も回復するので、視力回復にも効果的なのではないでしょうか。そのため視力回復にも効果があるといわれているのでしょう。

ラベル: , , ,

スポンサードリンク