アスタキサンチン 効能効果

アスタキサンチンは鮭やイクラに含まれる赤い色素のことです。 アスタキサンチンの代表的な効能効果は強力な抗酸化力です。他にも目の機能や視力回復、美白美肌作用をはじめいろいろな効果効能がある成分として注目されています。

アスタキサンチンの効能効果が注目されています!

スポンサードリンク

アスタキサンチンにはいろいろな効果効能があります。抗炎症、ストレス抑制、動脈硬化や糖尿病といったメタボリック症候群の予防、発がんを抑制したり、目や肌の機能を高めて健康維持に役に立つなどの効果が見いだされています。注目されているアスタキサンチン効果効能についての情報をお届けします。

アスタキサンチン効果効能:抗酸化力

     

アスタキサンチンが注目されるのは、なによりもその抗酸化力です。

アスタキサンチンの抗酸化力は非常に高く、抗酸化ビタミンとしてよく知られているビタミンEの500倍、あるいは1000倍ともいわれています。

老化は年をとればかならずおこるもの。老化を言いかえると体がさびることです。

体がさびる=体が酸化している

体の酸化を抑えることで体の老化やさまざまな病気の予防になります。体の酸化をおさえて老化を予防するのがアスタキサンチンをはじめとする抗酸化成分です。

例えば、脳が酸化すればボケといったことがおこりますし、血管の酸化によって動脈硬化がおこります。病気を予防するには抗酸化力のある成分を摂ることは大切です。

健康面だけでなくもちろん美容面でも抗酸化は大切です。美肌は永遠のあこがれですね。いつまでもはりのあるお肌を保つためのアンチエイジング化粧品が多数発売されていますが、アンチエイジングの一番の目的は抗酸化です。

アスタキサンチンを体の内側そして外側からおぎなって、老化予防、健康維持を心がけてみては。

ラベル: , ,

スポンサードリンク