アスタキサンチン 効能効果

アスタキサンチンは鮭やイクラに含まれる赤い色素のことです。 アスタキサンチンの代表的な効能効果は強力な抗酸化力です。他にも目の機能や視力回復、美白美肌作用をはじめいろいろな効果効能がある成分として注目されています。

アスタキサンチンの効能効果が注目されています!

スポンサードリンク

アスタキサンチンにはいろいろな効果効能があります。抗炎症、ストレス抑制、動脈硬化や糖尿病といったメタボリック症候群の予防、発がんを抑制したり、目や肌の機能を高めて健康維持に役に立つなどの効果が見いだされています。注目されているアスタキサンチン効果効能についての情報をお届けします。

アスタキサンチンとは

     

アスタキサンチンはさけやいくら、エビ、カニ、オキアミなど赤い色をした海洋性の食品にふくまれる赤い天然の色素で、カロテノイド(人参やカボチャに含まれる赤い色素)の一種です。

アスタキサンチンは強い抗酸化力を持ち、その効果はビタミンCの100倍、ビタミンEの1000倍とさえいわれることもあり、それだけ抗酸化力が高いことがわかります。

アスタキサンチンの効能効果は、まず抗酸化力ですが、他にも抗炎症作用、動脈硬化抑制作用、がん発症抑制作用、糖尿病抑制作用、ストレス抑制作用、そして、目、脳、肌、肝臓、筋肉といった体の組織の機能を高めるといわれています。

サプリメントや健康食品に含まれるアスタキサンチンは、ヘマトコッカス藻という藻類から抽出されたものがよくつかわれています。

ヘマトコッカス藻は大量生産が可能なので、安価なアスタキサンチンサプリメントやアスタキサンチン製品を手に入れることができます。

ラベル: , , ,

スポンサードリンク